横浜市 磯子区の病院 クリニック。胃カメラ 大腸内視鏡 胃腸内科 内科 外科 肛門内科 内視鏡科 内視鏡検査に対応しています

内視鏡的大腸ポリープ切除術

大腸がんは多くの場合良性のポリープ(腺腫)から変化します。ですから大腸内視鏡検査をしてある程度の大きさや肉眼的にがんが怪しいポリープの場合にはそのまま切除するのが望ましいです。病院によってはまず大腸内視鏡検査をしてポリープがあった場合どんなに小さいポリープでも後日あらためて切除する(場合によって入院)ということもあります。この方法だと2つの弊害があります。

1つは2度内視鏡をするので患者様の身体的・経済的負担が大きいこと。もう1つは、これは私が経験的に感じたことですが、小さいポリープだと2度目に内視鏡したときに見つけられないことがあります。大腸は非常に面積が広くひだもあるので小さいポリープを見失うリスクがあります。大腸のポリープは小さくても一部がん化していることもあり、なるべくなら見失わないように見つけたらその場で切除してしまった方が良いと考えます。しかしある程度大きいポリープや扁平なポリープは入院が必要なこともあるので関連病院にご紹介させていただいております。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-750-0577


※受付は15分前まで。